本質を見抜く大切さについて考えてみた。

おはようございます!本日は散歩1時間してきたゆのけいです。

今日は何を書こうかなと思いましたが、表題のものにします。

はじめに

現代はめちゃくちゃ変化の激しい時代です。

情報はSNSで個人で発信しているし、新型コロナの影響もある関係でリモートワークしないとなと世間も考え始めてきていると、ただいま第四次産業革命爆走中です。

でも、物事全般に言えますがメリットとデメリットが存在します。お金やものなど経済性を追い求めすぎる困ることもあるのじゃないかなと思った次第です。

時代を追い求めすぎると何が起こる?

では、本題です。

時代を追い求めすぎると何が悪いんでしょうか。

時代に合わせて経済成長しているし、物が豊富になり人々は豊かになりました。このままリモートワークが進めば会社に行かなくて済むし、無駄が減るし、効率的でいいじゃないか。便利でいいでしょう!表面的には思います。

僕が思うに便利になり、仕事で言えば課題や問題を解決する時間が圧倒的に早くなると思います。それはだれもが求めることでしょう。でも、その反面、本質を見抜く能力がなくなるのではないかと思います。

物事の本質とは?

僕は物事の本質というと、樹木で言えば幹に相当する部分だと考えています。逆に効率化の向上は樹木の枝葉に相当すると思います。

技術の進歩は確かに便利で魅力的です。誰だって楽したい。苦労したくない。そういった欲望から生まれたものも多いと思います。でも、その課題はそもそも論、解決する必要性があるのかと考える必要があると思います。

例えば、ある若い男性が仕事で朝早くから夜遅くまで働いていたとします。自炊する時間もなく、コンビニ弁当や外食ばかりしていたとしましょう。その男性はこのままでは栄養不足になると思い、サプリメントを飲むようになりました。

この場合、男性は健康問題という課題を解決するためにサプリメントを使って、解決しようとしています。でも、この課題をサプリメントという便利なもので解決する必要性はあるんでしょうか。

僕はこの問題の本質はずばり、働き方だと思います。コンビニ弁当や外食をしなくて済む仕事のスタイルに変えたほうが良いと思います。今回は健康問題と仕事に関連した課題でしたが、これが仕事に対しても、生活に対しても多く起こるようになっていくのではないかと思います。

僕のいた農業業界の場合

僕は農業大学校2年、生産法人2年、肥料販売メーカー2年半の6年半関わりを持ちました。日本農業の場合、99%は本質からズレたことをしています。その理由は化学肥料と農薬の使用にあります。化学肥料は植物に必要な窒素、リン酸、カリの三要素を多く含み養分としてはサプリメントに近いものがあります。農薬は栄養に偏りがある植物が虫が寄ってこないようにするために散布します。人間でいえば、食事をしっかりとらないでサプリメントと風薬を飲んで仕事をするようなものです。

農業の場合、本質は土づくりにあります。土を柔らかく、植物を育ちやすくするためには植物を腐らせて作った植物性の堆肥が必要になります。柔らかい土は植物は育ちやすく、化学肥料の量や農薬の量も少なくなりやすいのです。

人間の場合もお米もお肉も野菜も栄養を偏ることなく食べたほうが健康的で、風薬は少なくて済みますよね。

なぜ、人は本質の解決を避けるのか?

僕が考える人が本質を避ける理由はすぐに結果がでないからだと思います。

サプリメントを飲めば一応は動けるし、風薬を飲めば仕事にも行けます。摂取も簡単で結果も早いです。

でも、健康的な食事を摂るには自炊だったら作るのに時間もかかる上、片付ける手間もありますよね。そう、時間がかかってメンドクサイのです。

本質ではないもの、今回の場合はサプリメントを依存した場合、短期的に結果は出る(時間が短縮できる)けれども、長期的には損失が大きい(健康を損なう)。

逆に本質、健康的な食事を摂取した場合は、短期的に結果が出ない(時間がかかる)けれども、長期的には利益が大きい(健康を維持できる)。

それにしても、本質を解決するって難しいですね!

最後に

僕自身もまだ33歳と若くはありますが、日々、本を読み、ニュースを見て、自分で考えているところです。この激動の時代、何が正しいのかわからなくなるはがあると思います。

そのときに考えるべきはそれは本質なのか、解決しなければならない課題なのか、自分がやらなければならない重要なものなのかということだと思います。

こういうブログを書くあたり、人生難しくしているのかもしれないと思いつつ、少し楽しんでいる管理人でした。

本日もここまで読んでくれてありがとうございました!

フリーランス1年生が思う従業員と経営者の視点の違いとは?昔、経営者に言われた”ある一言”を考えてみた。

はじめに

フリーランス1年生視点から見ても経営者と従業員の違いがあります。
独立した今、”ある経営者の一言”はあの時よりも意味を深く読み解けるようになったのです。今回はそんなフリーランス1年生が感じること語っていきます。

目次
はじめに
経営者に言われたある一言とは?
経営者と従業員の視点の違いとは?
フリーランス1年生が語るフリーランスとは?
最後に

経営者に言われたある一言とは?

今でも覚えているが、農家になるためにある農業<野菜生産>の会社にいたときに次の一言を言われた。

「独立しないと稼げないからな」

この一言はすべての経営者が自社の従業員に対して思う一言だろう。

当時は

「頑張って働いているのに、そんな話を言うなよ!」とか

「そんな話していいのか?」とか

「独立して稼げと言いたいのか!」という風に思った。


この一言をふと思い出しので経営者と従業員の違いをまとめてみました。

経営者と従業員の違いとは?

経営者と従業員の違いを言う前に2018年の総務省の労働力調査から抜粋すると

2018年の従業員は
5596万人<正規・非正規・パートなどのすべての雇用者>

そのうち、経営者(役員)は331万人なので全体の約18%。

比率で言うと従業員:経営者=82:18

つまり、従業員は8割、経営者は2割くらいになります。


そんな従業員と経営者の視点の違いは稼ぐことに対する姿勢の違いでしょう。

もっと、平たく言えば従業員は
「予算を達成しなくても自分には関係ない」ですし、

「経営悪化は経営者の責任だ」

つまり稼ぐことが自分ごとなのか、他人ごとかの違いです。

もちろん、経営者は商品を作ったり、それを売る仕組みを作ったりするのでどうしても経営を勉強をする必要があります。でも、一番の根本は自分でお金を稼ぐ気持ちを持っているかです。

それは経営者と従業員の決定的なビジネスマインドの違いに現れます。

もちろん、自分自身もアルバイや従業員として働いたことがあるので偉そうなことは言えませんが、経営に責任があるのとないのでは雲泥の差です。

従業員が真面目に働かないわけでないですし、働くことを対価にお金をいただいています。もし、まじめに働いていないならリストラになるのも誰もが知っていることでしょう。

だからこそ、自分でお金を稼ぐという気持ちがないから独立しても数年後に従業員に戻ってしまうのではないしょうか。知らない人も多いと思いますが、農業でも新規に農家を始めても3年で3割があきらめると言います。

そこには「お金を稼ぐ」という気持ちが欠けているのです。

フリーランス1年生が語るフリーランスとは?

精神的には今の方が従業員よりも楽です。

もちろん、だれにでもフリーランスは正直、おすすめしません。

従業員にいた頃の方が経済的な安心感はあります。

嫌な上司もいませんし無駄に誰かから仕事を押し付けられたり、周りに合わせた行動が求められるからです。

そんな人間関係に関する悩みがなくなるのもよいことでしたが、一番良いことは仕事に挑戦できるようになりました。どうしても、会社組織にいると上司や経営者の考え方が絶対になります。自分の考えを試すことが少なくなってしまいます。

自分が良いと思ったことでも考えが浅かったり成功確率が低いと上司が判断すれば、自分のプランに挑戦がすることができないのです。

会社はお金を稼ぎ続けるために成功はしても、失敗は許されない。しかし、経費を使って採算が取れるかは確認しようと努力しても限界があります。その考えたプランに挑戦する必要があります。

今の世の中、言われたことをだけを実行する人は使えないと言われます。でも、自分の考えたプランに挑戦するのに今の立場で可能なのでしょうか。

よく会社の上司に言われた一言があります。

「車のハンドルを握っているのは自分だ」

どんな状況や立場であろうと自分の行動に責任を取る姿勢さえあれば、フリーランスになるのも悪くない選択のはずです。

最後に

フリーランスは過酷な労働、不安定さを言われる方もいらっしゃいます。

それで食べていけるのかと。

でも、人生にはお金も知識、経験、人間力などのすべてがなかったとしてもあるものが一つだけあります。それこそが子供でも持っている、何かに立ち向かう気持ち、”勇気”なのです。

最後まで見ていただき、ありがとうございます。

お金を稼ぐには市場価値が必要だが、自分の好きなことで人生が豊かになる。

はじめに

お金を稼ぐには市場価値が必要だけれども、人それぞれ好きなことは違うもの。でも、好きなことで稼ぎたいのは誰もが考えること。今回は稼ぐことと好きなことがテーマです。

目次
はじめに
好きなものでお金を稼ぐことは可能か?
市場価値があるものとは?
お金を稼ぐこととやりがい
最後に

好きなことでお金を稼ぐことは可能か?

好きなことだけではお金を稼ぐことはできない。

例えば、「自分は絵を描くことがものすごく好き」とします。

もともと、あなたは子どもの頃から絵を描くのが好きで、周りからは「あなたは絵が上手いね」と言われて高校卒業後は美大に行きました。4年間、絵の勉強をし、必死に絵を描いて描いて描いて描いてやっと卒業しました。

絵を学んだあなたは画家を目指しました。

でも、画家、つまりは絵を描くことだけで生計を立てることができませんでした。

多くの人は自分が書きたかった絵だけで食べることができず、アニメーターや商業のイラストレーター、高校の美術教師、予備校の塾講師などになりました。

実際に起こっている話です。

「実力がなかった。」「運がなかった。」「大学では評価されたのに・・・」など思うことがあるかもしれません。この話をもっと深堀りしたいと思います。

市場価値があるものとは?

好きな絵で食べれないのはそれに市場価値がないからです。

市場価値はそれぞれの市場で、他人と比較されて相対的に決まるもの。

だからこそ、自分が好きだと思うことだけでは食べることができないのです。お金をいただくというのは必ず他者の視点が必要になります。

「この絵は他の人に買ってもらえるほどの価値があるだろうか」

自分の絵を買ってもらうには価値がなければ、買ってもらえません。

話は絵の話はここまでです。


好きなことだけで食べるにはその分野の技術や経験などのスキルが必要になります。

市場価値つまりで誰もが認めるスキルを持てないと、その道で稼ぐことはできません。自分が持つスキルを他人に明確に言い、自己満足ではなく価値があるものだと言ってもらえなければ市場価値がないことになります。

お金を稼ぐことと好きなこと。

お金を稼ぐことで生活を満たし、自分の好きなことで人生を豊かにしましょう。

もし、自分の好きなことが市場価値がなかったらどうすればよいのでしょうか。その時は分野を少しずらすか、別の分野で戦うことをすればいいのです。

別の分野を選んだときはその道でお金を稼ぎ、本当に自分が好きなことを収入が安定している状態でやりましょう。自分の好きなことをするのは誰にも止めることはできません。自分の好きなことをするのが本当の自由のはずです。

稼ぐことと好きなことが結果として重なればいいのですが、重ならなくてもどこかで自分の好きなことをするのが人間にとっての幸せになるのです。

最後に

今回は稼ぐことと好きなことというテーマで、書かせていただきました。好きなことで稼ぐことは本当に難しい。でも、自分の好きなことを人生の中に取り入れるのは人生にとってプラスに働くのは間違いありません。

自分の好きなことをしよう!!

「嫌われる勇気」アドラー心理学を自分なりにまとめてみた。

「嫌われる勇気」から読むアドラー心理学を学ぶと自信の持ち方が見えてくる。心理学の3大巨頭の一人、アルフレッド・アドラーの提唱した個人心理学を学んでみた。

目次
・はじめに
・トラウマを否定する
・他者の課題を切り捨てる
・共同体感覚とは?
・今、この瞬間を生きる
・最後に

はじめに

個人心理学あるいはポジティブ心理学と呼ばれる心理学は、よくある成功者たちの自己啓発本に登場する心理学で「自分を変えることができる」と提唱する心理学です。つまり、人は変われるんだ!と熱く語る心理学のことですね。そんなアドラー心理学をまとめてみました。

トラウマを否定する

まず、アドラーはトラウマを否定しています。過去に悲しく辛いことがあり、嘆き悲しみ何度も泣いた夜があろうとも、「不幸を選んでいるのはあなただ」言うのです。

どんな辛い過去があっても、自分が変わることができると信じる。自分の意志で人生を変えることができるのだと、アドラーは考えたのです。

「どうせ、私なんか・・・」
「私は親から愛されなかった」
「兄弟と比較されて」
「仕事がうまくいかない」
「恋人に手ひどく捨てられた」

どんな過去も自分を変えることで乗り越えられるのです。

他者の課題を切り捨てる

他者の感じたことなど、自分の考えることではないとアドラーは考えました。自分のアクションで人にどう思うかは他人の課題であって、自分が考えることではないのです。相手の気持ちを察し、円滑な人間関係を構築するのが悪いわけではないですが、それが過ぎると人生は制限させてしまう。

極論を言えば、他人に嫌われないと自由な人生なんて生きれないのです。空気を読んだり、集団の考えを尊重したりするのは大いに結構なこと。しかし、それはあくまでも自分がその考え方が良いと思っている場合に限ります。

あの考え方は違うなと思って、他人に気を使い何も言えなくなる人生は本当に楽しいものなのか。充実した人生になりえるのか。それを考える必要があります。

誰かの人生ではなく自分の人生を生きるためは、他人が思うことつまり「他者の課題」を自分のことと分けて考える必要があるのでしょう。

共同体感覚とは?

ここまでの話で自分を変えるために努力し、自分の考えで生きることができればいいのかと感じるかもしれませんがアドラーの考えた人間関係のゴールが共同体感覚です。

本の言葉を使うと「他者を仲間だとみなして、そこに”自分の居場所がある”と感じられる感覚が共同体感覚」です。人間は結局は人間関係の中で生きるもの。その中で自分の個性を生かして”調和”することが大切なのでしょう。

今、この瞬間を生きる

そして、アドラーは過去や未来ではなく、今この瞬間を生きる大切さを謳っています。刹那の連続が今だと。ダンスをするように生きろと。

そして、印象的な言葉があります。

それは「人生最大の嘘」

アドラーは言います。
人生最大の嘘は、「いま、この瞬間を生きないことだ」と。

今の連続が人生を作るのでしょう。それこそが人生かもしれません。

さいごに

アドラー心理学はどこまでも自分は大切にしながらも、他者の人間関係を良好にしましょう。そして、今を生きることを教えてくれます。今を生きれば自信もおのずとつくでしょう。いや、自信がつくと考えるまでもなく、人生が充実するはず。

気になった方は、実際に読んでみてください!

自己紹介

皆さん、初めまして、”ゆのけい”こと、柚木啓佑(ゆのきけいすけ)です。

現在、動画編集のフリーランスとして活動しています。

僕はこのブログを通して、今までの自分の経験や日々、学んでいることを書いていきます。そして、誰もがネットを介して、自由に自分の意見を言える時代に楽しくしていきたいと思い、ブログを開設しました。

今の時代、パソコンやスマホが普及し、誰でもインターネットから情報を閲覧できる時代で、近い将来AIやロボットが社会に進出すると言われています。人ができる仕事は減り、新たな仕事が生まれることでしょう。

人の働き方や生き方が変わる激動の時代。

そんな時代にAIにできないで、人にしかできない仕事って何でしょうか?

それは「自分の考えを言う」です。

処理能力では人はAIに勝てませんが、創造的な仕事は人にしかできません。

このブログでは、どんな仕事ができるのか、これからの生き方を自分なりに考えて、発信していきます。特に動画編集や会社員時代の農業関係業界、個人に興味がある心理学・哲学、これからの生き方についてです。

そして、自分がこの激動の時代をどう生きるかを体現していきます!

よろしくお願いします。

ゆのけい