フリーランス1年生が思う従業員と経営者の視点の違いとは?昔、経営者に言われた”ある一言”を考えてみた。

はじめに

フリーランス1年生視点から見ても経営者と従業員の違いがあります。
独立した今、”ある経営者の一言”はあの時よりも意味を深く読み解けるようになったのです。今回はそんなフリーランス1年生が感じること語っていきます。

目次
はじめに
経営者に言われたある一言とは?
経営者と従業員の視点の違いとは?
フリーランス1年生が語るフリーランスとは?
最後に

経営者に言われたある一言とは?

今でも覚えているが、農家になるためにある農業<野菜生産>の会社にいたときに次の一言を言われた。

「独立しないと稼げないからな」

この一言はすべての経営者が自社の従業員に対して思う一言だろう。

当時は

「頑張って働いているのに、そんな話を言うなよ!」とか

「そんな話していいのか?」とか

「独立して稼げと言いたいのか!」という風に思った。


この一言をふと思い出しので経営者と従業員の違いをまとめてみました。

経営者と従業員の違いとは?

経営者と従業員の違いを言う前に2018年の総務省の労働力調査から抜粋すると

2018年の従業員は
5596万人<正規・非正規・パートなどのすべての雇用者>

そのうち、経営者(役員)は331万人なので全体の約18%。

比率で言うと従業員:経営者=82:18

つまり、従業員は8割、経営者は2割くらいになります。


そんな従業員と経営者の視点の違いは稼ぐことに対する姿勢の違いでしょう。

もっと、平たく言えば従業員は
「予算を達成しなくても自分には関係ない」ですし、

「経営悪化は経営者の責任だ」

つまり稼ぐことが自分ごとなのか、他人ごとかの違いです。

もちろん、経営者は商品を作ったり、それを売る仕組みを作ったりするのでどうしても経営を勉強をする必要があります。でも、一番の根本は自分でお金を稼ぐ気持ちを持っているかです。

それは経営者と従業員の決定的なビジネスマインドの違いに現れます。

もちろん、自分自身もアルバイや従業員として働いたことがあるので偉そうなことは言えませんが、経営に責任があるのとないのでは雲泥の差です。

従業員が真面目に働かないわけでないですし、働くことを対価にお金をいただいています。もし、まじめに働いていないならリストラになるのも誰もが知っていることでしょう。

だからこそ、自分でお金を稼ぐという気持ちがないから独立しても数年後に従業員に戻ってしまうのではないしょうか。知らない人も多いと思いますが、農業でも新規に農家を始めても3年で3割があきらめると言います。

そこには「お金を稼ぐ」という気持ちが欠けているのです。

フリーランス1年生が語るフリーランスとは?

精神的には今の方が従業員よりも楽です。

もちろん、だれにでもフリーランスは正直、おすすめしません。

従業員にいた頃の方が経済的な安心感はあります。

嫌な上司もいませんし無駄に誰かから仕事を押し付けられたり、周りに合わせた行動が求められるからです。

そんな人間関係に関する悩みがなくなるのもよいことでしたが、一番良いことは仕事に挑戦できるようになりました。どうしても、会社組織にいると上司や経営者の考え方が絶対になります。自分の考えを試すことが少なくなってしまいます。

自分が良いと思ったことでも考えが浅かったり成功確率が低いと上司が判断すれば、自分のプランに挑戦がすることができないのです。

会社はお金を稼ぎ続けるために成功はしても、失敗は許されない。しかし、経費を使って採算が取れるかは確認しようと努力しても限界があります。その考えたプランに挑戦する必要があります。

今の世の中、言われたことをだけを実行する人は使えないと言われます。でも、自分の考えたプランに挑戦するのに今の立場で可能なのでしょうか。

よく会社の上司に言われた一言があります。

「車のハンドルを握っているのは自分だ」

どんな状況や立場であろうと自分の行動に責任を取る姿勢さえあれば、フリーランスになるのも悪くない選択のはずです。

最後に

フリーランスは過酷な労働、不安定さを言われる方もいらっしゃいます。

それで食べていけるのかと。

でも、人生にはお金も知識、経験、人間力などのすべてがなかったとしてもあるものが一つだけあります。それこそが子供でも持っている、何かに立ち向かう気持ち、”勇気”なのです。

最後まで見ていただき、ありがとうございます。

お金を稼ぐには市場価値が必要だが、自分の好きなことで人生が豊かになる。

はじめに

お金を稼ぐには市場価値が必要だけれども、人それぞれ好きなことは違うもの。でも、好きなことで稼ぎたいのは誰もが考えること。今回は稼ぐことと好きなことがテーマです。

目次
はじめに
好きなものでお金を稼ぐことは可能か?
市場価値があるものとは?
お金を稼ぐこととやりがい
最後に

好きなことでお金を稼ぐことは可能か?

好きなことだけではお金を稼ぐことはできない。

例えば、「自分は絵を描くことがものすごく好き」とします。

もともと、あなたは子どもの頃から絵を描くのが好きで、周りからは「あなたは絵が上手いね」と言われて高校卒業後は美大に行きました。4年間、絵の勉強をし、必死に絵を描いて描いて描いて描いてやっと卒業しました。

絵を学んだあなたは画家を目指しました。

でも、画家、つまりは絵を描くことだけで生計を立てることができませんでした。

多くの人は自分が書きたかった絵だけで食べることができず、アニメーターや商業のイラストレーター、高校の美術教師、予備校の塾講師などになりました。

実際に起こっている話です。

「実力がなかった。」「運がなかった。」「大学では評価されたのに・・・」など思うことがあるかもしれません。この話をもっと深堀りしたいと思います。

市場価値があるものとは?

好きな絵で食べれないのはそれに市場価値がないからです。

市場価値はそれぞれの市場で、他人と比較されて相対的に決まるもの。

だからこそ、自分が好きだと思うことだけでは食べることができないのです。お金をいただくというのは必ず他者の視点が必要になります。

「この絵は他の人に買ってもらえるほどの価値があるだろうか」

自分の絵を買ってもらうには価値がなければ、買ってもらえません。

話は絵の話はここまでです。


好きなことだけで食べるにはその分野の技術や経験などのスキルが必要になります。

市場価値つまりで誰もが認めるスキルを持てないと、その道で稼ぐことはできません。自分が持つスキルを他人に明確に言い、自己満足ではなく価値があるものだと言ってもらえなければ市場価値がないことになります。

お金を稼ぐことと好きなこと。

お金を稼ぐことで生活を満たし、自分の好きなことで人生を豊かにしましょう。

もし、自分の好きなことが市場価値がなかったらどうすればよいのでしょうか。その時は分野を少しずらすか、別の分野で戦うことをすればいいのです。

別の分野を選んだときはその道でお金を稼ぎ、本当に自分が好きなことを収入が安定している状態でやりましょう。自分の好きなことをするのは誰にも止めることはできません。自分の好きなことをするのが本当の自由のはずです。

稼ぐことと好きなことが結果として重なればいいのですが、重ならなくてもどこかで自分の好きなことをするのが人間にとっての幸せになるのです。

最後に

今回は稼ぐことと好きなことというテーマで、書かせていただきました。好きなことで稼ぐことは本当に難しい。でも、自分の好きなことを人生の中に取り入れるのは人生にとってプラスに働くのは間違いありません。

自分の好きなことをしよう!!

文章を書くことのメリットとデメリットとは?書くことは楽しい!

目次
はじめに
文章を書くメリット
文章を書くデメリット
まとめ

はじめに

文章を書くのが得意という人よりも苦手という人の方が絶対に多い。

なぜなら文章を読むよりも書く人の方が少ないからだ。学生時代に文章を書くと言ったら、テストか授業でノートを書き写すの二択がほとんどだった。

そんな文章を書くメリットとデメリットをまとめてみた。

文章を書くメリット

1.文章を書くと考えがまとまる

文章を書くと自分の考えがまとまる。同じようなことを話せても文章に書き起こすと「あれ、何が言いたいんだっけ」と考えがまとまっていないことが多い。

文章を書くと自分が思ったことや感じたことを論理的に言葉にするので、人に話すときも伝わりやすくなる。

しかも書けば書くほど考えを言葉にするのが早くなるので、臨機応変さが求められる会話にも生きてくる。

2.書くと気持ちがスッキリする

書くと気持ちがスッキリする。これは人に見せる商業用の文章でも、自分だけしか見せない日記でも同じだ。

特に自分の考えがまとまると疑問に思っていたことは減り、逆に新たな発想が浮かぶので心理的にスッキリするが良い。

頭の中でぐるぐると考えていたことが言葉にしたり、あるいは自分の気持ちを言葉にしたりとすると自信にもつながるはずだ。

3.文章構成が上手くなる

文章を書くと文章の構成が上手くなる。構成考えずに時系列で書くと、報告書を渡して3秒後に「で?何が言いたいのと?」会社の上司に感想を言われかねない。

文章を書くと「結論は最初に持ってくる。」「意見を言い切る。」「あいまいな表現を使わない。」など読み手を意識して書くので、相手にも伝わりやすい文章になる。

文章を書くデメリット

1.めんどくさい

「文章を書くのがめんどくさい。」

慣れないとやはり言葉にするのが億劫になる。

若い人なんかは書き方なんてググれば検索できるというかもしれない。
慣れるまでは、ものすごくめんどくさい。

2.人に見られたくない

自分の意見を人に見られたくない。
人からの反応は人に見られる文章、特にSNSなんかでは必ずと言っていいほどある。

「お前はこうだけど・・・・」と言われた日には文章が嫌いになるだろう。その方が心理的には大変かもしれないが、文章は上手くなる可能性は高い。

3.時間がかかる

慣れないと2000文字くらいのブログでも、何時間もかかってしまう。

時間がかかるので多くの人はやめていく。仕事も文章も同じで、慣れるまでが大変だが、乗り越えると別の景色が見えてくるはずだ。

まとめ

文章を書くにもメリットもデメリットもあります。
メリットは考えがまとまり、人に伝わりやすい文章を書けるようになります。

逆にデメリットはめんどくさかったり、人に見られたりすることです。

文章を書くのも書かないの自由です。

最後に言いたいことは一言です!

書くことが楽しいです!

仕事環境の選び方と仕事に関する3つの考え方とは?

はじめに

仕事をする環境は人それぞれ違います。営業職と事務職が仕事内容が違うように、自分にあった仕事を選択することが大切です。今回は自分に合う仕事を選ぶ必要性と仕事に関する3つの考え方を紹介します。

〇目次
・はじめに
・仕事する環境は自分に合っているか?
・仕事の環境は個人の能力を最大限発揮する。
・仕事に関する3つの考え方とは?
・仕事をするなら前向きに全力で取り組もう。
・まとめ

仕事する環境は自分に合っているか?

仕事する環境は職種や人間関係などで決まります。
職種には大別すると2種類にあります。営業職タイプか事務職タイプです。

例えば営業職タイプならば外向的な性格が多いでしょう。イメージするなら野球部の部員で、仕事は広く浅くするタイプです。事務をやりつつ、営業やったり、電話で来週のアポをとって・・・と仕事内容が多岐に渡ります。

一方、事務職タイプはどうでしょう。このタイプは内向的な性格が多いです。イメージするなら研究者で、仕事は狭く深くするタイプです。事務職ならずっと事務仕事をしてたり、農家さんならずっと畑で収穫をしていたりと同じことをコツコツするタイプです。

仕事の環境は個人の能力を最大限発揮する。

自分に合った仕事ならば、仕事の大変さはあるものの仕事をしていて楽しいです。
営業職タイプならば元から人と話すのが好きだったり、前に出て話したりするタイプが集まるので仕事をしていて楽しいですよね。

また、 研究者タイプならば昔から絵をかくのが好きだったり、本を飽きないでずっと読んだりするタイプなので、地味な仕事であっても継続的に続けられます。

仕事に関する3つの考え方とは?

ただ、仕事で大変で今の仕事の環境が嫌になるときもあるでしょう。

「営業職をやっていたけど、広く浅くやるのはやっぱり性にあわない。」
「お客さんへの対応が多くて仕事が捗らない。」
「事務職をやっていたけど、同じことばかりに飽きてきた。」
「いつも事務所にいるのが嫌になってきた」

そんな風に仕事環境に対しての不満を解決する方法は3つしかありません。

1.仕事環境を受け入れて、自分を仕事に適応させる。
2.仕事環境の改善を求めて、上司に建設的な発言をする。
3.仕事環境を変えるために、転職あるいは起業する。

この3パターンしかありません

ただ、最近の風潮では終身雇用制度が危ぶまれているのも確かです。でも、すぐ転職や起業することはお勧めしません。家庭を持っているならば、なおさら大変ですよね。

では、どうすればいいのでしょうか。

仕事をするなら前向きに全力で取り組もう。

その仕事環境にいるならば、全力で取り組みましょう。リストラされたり転職したり、起業するにしても自分のスキルを高める必要があります。

だからこそ、会社に所属していない人に、自分のスキルを明確に言えるくらいになった方がいいですね。仕事を全力で取り組んでおけば、何らかの形で会社を去るにしても自分自身で稼ぐ力をつけるに越したことはありません。

そのために本業の仕事レベルを上げるために仕事の時間外に仕事の勉強をしましょう。他の職種の仕事を勉強して副業するのもありですね。

どんなことがあっても”自分の力で稼ぐ”という気持ちは持ち続けることは重要です。

まとめ

自分に合った仕事は楽しく、継続しやすいです。しかし、いつでも会社を去ることができるように社外で通じる”スキル”を身につけましょう。個人の稼ぐ力をそうすることはこの時代を生き抜く力になるはずです!

人生の価値観を決める原体験とは?原体験を明確にすると人生が生きやすくなる。

はじめに

価値観が分かると人生が生きやすくなる。
価値観は人間関係、仕事、生き方にも良い影響を与えるのは誰もが人生で体験していることでしょう。でも、日々の仕事をしていて、「私の人生はこんなものなのか」と不意に考えてしまうことはありませんか。人生に迷わないための価値観とは何か、少し考えてみましょう。

〇目次
・はじめに
・自分にとっての価値観とは?
・価値観を決める、原体験とは?
・価値観が分かると人生が生きやすくなる。
・最後に

自分にとっての価値観とは?

価値観とは人生を歩くため指針。
「人を笑わせること」
「楽しいことに没頭すること」
「誰かのために尽くすこと」
「刺激的なことをする」

人の数だけ価値観がありますが、日常で考えることは少ないでしょう。人間関係、仕事、お金など人生の悩みは絶えずあるので、考えることは少ないかもしれません。

でも、以前、会社勤めしていた時に上司が「俺の人生ってなんだろう」と口にしていたことがあります。ある程度、お金があり家族もいて、仕事も順調なのにどこか満足できない。そんな印象でした。

自分よりも10歳以上の上司の言葉だったので驚いたと共に、価値観は勝手に決まるものではないとも感じました。では、自分の価値観をどうやって決まるのでしょうか。

価値観を決める、原体験とは?

価値観を決めるもの、それは過去のある一瞬を指します。
その出来事は人生で最も古く、そして忘れがたいもの”原体験”です。

子どものころ、クラスの人気者が「人を笑わすものが楽しい!」という価値観を持てば、芸人を志すでしょう。気の弱い子どもが「絵本って面白い!」という価値観を持てば、絵本作家を志すかもしれません。こうなりたいとポジティブに考える価値観の例です。

逆にネガティブな価値観もあります。
子どものころ、お金に苦労した子どもが「お金に苦労しない人生を送りたいと」思えば起業家になるかもしれません。高圧的な親の家庭環境で育った子どもが「人を思いやる優しい人間になりたい」と思えば、心理カウンセラーになるかもしれません。

過去の一瞬に感じたポジティブな感情やネガティブな感情を持った最も古い記憶”原体験”が価値観を決めるのです。それは最も古く、そして最も影響を受けた事柄であり、人それぞれまったく違います。

価値観が分かると人生が生きやすくなる。

価値観を導き出すと人生が生きやすくなり、人生が好転します。

ある話をしましょう。

子どもの頃に家族の信仰している宗教の教えがどうしても耐え切れず、大人になって家を出た青年がいました。青年は社会に出ても、いつも親の考えに背いていると感じ日常的に”親への罪悪感”を心のどこかで感じていました。

ただ、長年、青年は子ども頃に感じた原体験は何だろうかと考えてました。親の考えに背いたとき、親の考えを抜きにした「自分の価値観とは何だろうか」と。

それは誰かに従うのではなく、「自分に気持ちに従う」という価値観でした。

そこからの青年は気持ちが晴れ、生きることにポジティブになったとのことでした。


この話から分かるのは自分の大切な価値観を人に委ねたり、何となく人生を生きるのは後々に苦労するという教訓です。

最後に

誰かに従う人生は波風立てず楽かもしれません。
別に価値観がぼんやりしていても生きられるかもしれません。ただ、それは5年、10年、20年と「人生を停滞させる」可能性があるのも確かです。 だからこそ、人生の価値観を考える必要があるのです。

あなたの価値観を決める原体験とは何ですか?