仕事環境の選び方と仕事に関する3つの考え方とは?

はじめに

仕事をする環境は人それぞれ違います。営業職と事務職が仕事内容が違うように、自分にあった仕事を選択することが大切です。今回は自分に合う仕事を選ぶ必要性と仕事に関する3つの考え方を紹介します。

〇目次
・はじめに
・仕事する環境は自分に合っているか?
・仕事の環境は個人の能力を最大限発揮する。
・仕事に関する3つの考え方とは?
・仕事をするなら前向きに全力で取り組もう。
・まとめ

仕事する環境は自分に合っているか?

仕事する環境は職種や人間関係などで決まります。
職種には大別すると2種類にあります。営業職タイプか事務職タイプです。

例えば営業職タイプならば外向的な性格が多いでしょう。イメージするなら野球部の部員で、仕事は広く浅くするタイプです。事務をやりつつ、営業やったり、電話で来週のアポをとって・・・と仕事内容が多岐に渡ります。

一方、事務職タイプはどうでしょう。このタイプは内向的な性格が多いです。イメージするなら研究者で、仕事は狭く深くするタイプです。事務職ならずっと事務仕事をしてたり、農家さんならずっと畑で収穫をしていたりと同じことをコツコツするタイプです。

仕事の環境は個人の能力を最大限発揮する。

自分に合った仕事ならば、仕事の大変さはあるものの仕事をしていて楽しいです。
営業職タイプならば元から人と話すのが好きだったり、前に出て話したりするタイプが集まるので仕事をしていて楽しいですよね。

また、 研究者タイプならば昔から絵をかくのが好きだったり、本を飽きないでずっと読んだりするタイプなので、地味な仕事であっても継続的に続けられます。

仕事に関する3つの考え方とは?

ただ、仕事で大変で今の仕事の環境が嫌になるときもあるでしょう。

「営業職をやっていたけど、広く浅くやるのはやっぱり性にあわない。」
「お客さんへの対応が多くて仕事が捗らない。」
「事務職をやっていたけど、同じことばかりに飽きてきた。」
「いつも事務所にいるのが嫌になってきた」

そんな風に仕事環境に対しての不満を解決する方法は3つしかありません。

1.仕事環境を受け入れて、自分を仕事に適応させる。
2.仕事環境の改善を求めて、上司に建設的な発言をする。
3.仕事環境を変えるために、転職あるいは起業する。

この3パターンしかありません

ただ、最近の風潮では終身雇用制度が危ぶまれているのも確かです。でも、すぐ転職や起業することはお勧めしません。家庭を持っているならば、なおさら大変ですよね。

では、どうすればいいのでしょうか。

仕事をするなら前向きに全力で取り組もう。

その仕事環境にいるならば、全力で取り組みましょう。リストラされたり転職したり、起業するにしても自分のスキルを高める必要があります。

だからこそ、会社に所属していない人に、自分のスキルを明確に言えるくらいになった方がいいですね。仕事を全力で取り組んでおけば、何らかの形で会社を去るにしても自分自身で稼ぐ力をつけるに越したことはありません。

そのために本業の仕事レベルを上げるために仕事の時間外に仕事の勉強をしましょう。他の職種の仕事を勉強して副業するのもありですね。

どんなことがあっても”自分の力で稼ぐ”という気持ちは持ち続けることは重要です。

まとめ

自分に合った仕事は楽しく、継続しやすいです。しかし、いつでも会社を去ることができるように社外で通じる”スキル”を身につけましょう。個人の稼ぐ力をそうすることはこの時代を生き抜く力になるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です