文章を書くことのメリットとデメリットとは?書くことは楽しい!

目次
はじめに
文章を書くメリット
文章を書くデメリット
まとめ

はじめに

文章を書くのが得意という人よりも苦手という人の方が絶対に多い。

なぜなら文章を読むよりも書く人の方が少ないからだ。学生時代に文章を書くと言ったら、テストか授業でノートを書き写すの二択がほとんどだった。

そんな文章を書くメリットとデメリットをまとめてみた。

文章を書くメリット

1.文章を書くと考えがまとまる

文章を書くと自分の考えがまとまる。同じようなことを話せても文章に書き起こすと「あれ、何が言いたいんだっけ」と考えがまとまっていないことが多い。

文章を書くと自分が思ったことや感じたことを論理的に言葉にするので、人に話すときも伝わりやすくなる。

しかも書けば書くほど考えを言葉にするのが早くなるので、臨機応変さが求められる会話にも生きてくる。

2.書くと気持ちがスッキリする

書くと気持ちがスッキリする。これは人に見せる商業用の文章でも、自分だけしか見せない日記でも同じだ。

特に自分の考えがまとまると疑問に思っていたことは減り、逆に新たな発想が浮かぶので心理的にスッキリするが良い。

頭の中でぐるぐると考えていたことが言葉にしたり、あるいは自分の気持ちを言葉にしたりとすると自信にもつながるはずだ。

3.文章構成が上手くなる

文章を書くと文章の構成が上手くなる。構成考えずに時系列で書くと、報告書を渡して3秒後に「で?何が言いたいのと?」会社の上司に感想を言われかねない。

文章を書くと「結論は最初に持ってくる。」「意見を言い切る。」「あいまいな表現を使わない。」など読み手を意識して書くので、相手にも伝わりやすい文章になる。

文章を書くデメリット

1.めんどくさい

「文章を書くのがめんどくさい。」

慣れないとやはり言葉にするのが億劫になる。

若い人なんかは書き方なんてググれば検索できるというかもしれない。
慣れるまでは、ものすごくめんどくさい。

2.人に見られたくない

自分の意見を人に見られたくない。
人からの反応は人に見られる文章、特にSNSなんかでは必ずと言っていいほどある。

「お前はこうだけど・・・・」と言われた日には文章が嫌いになるだろう。その方が心理的には大変かもしれないが、文章は上手くなる可能性は高い。

3.時間がかかる

慣れないと2000文字くらいのブログでも、何時間もかかってしまう。

時間がかかるので多くの人はやめていく。仕事も文章も同じで、慣れるまでが大変だが、乗り越えると別の景色が見えてくるはずだ。

まとめ

文章を書くにもメリットもデメリットもあります。
メリットは考えがまとまり、人に伝わりやすい文章を書けるようになります。

逆にデメリットはめんどくさかったり、人に見られたりすることです。

文章を書くのも書かないの自由です。

最後に言いたいことは一言です!

書くことが楽しいです!

“文章を書くことのメリットとデメリットとは?書くことは楽しい!” への3件の返信

  1. 自分は、ブログはじめて半年くらいなんですが、書くのって難しいですね。。。

    アクセスも上がらない中、この記事読めてモチベーションあがりました!

    有り難うございます!

ゆのけい(柚木啓佑) へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です