お金を稼ぐには市場価値が必要だが、自分の好きなことで人生が豊かになる。

はじめに

お金を稼ぐには市場価値が必要だけれども、人それぞれ好きなことは違うもの。でも、好きなことで稼ぎたいのは誰もが考えること。今回は稼ぐことと好きなことがテーマです。

目次
はじめに
好きなものでお金を稼ぐことは可能か?
市場価値があるものとは?
お金を稼ぐこととやりがい
最後に

好きなことでお金を稼ぐことは可能か?

好きなことだけではお金を稼ぐことはできない。

例えば、「自分は絵を描くことがものすごく好き」とします。

もともと、あなたは子どもの頃から絵を描くのが好きで、周りからは「あなたは絵が上手いね」と言われて高校卒業後は美大に行きました。4年間、絵の勉強をし、必死に絵を描いて描いて描いて描いてやっと卒業しました。

絵を学んだあなたは画家を目指しました。

でも、画家、つまりは絵を描くことだけで生計を立てることができませんでした。

多くの人は自分が書きたかった絵だけで食べることができず、アニメーターや商業のイラストレーター、高校の美術教師、予備校の塾講師などになりました。

実際に起こっている話です。

「実力がなかった。」「運がなかった。」「大学では評価されたのに・・・」など思うことがあるかもしれません。この話をもっと深堀りしたいと思います。

市場価値があるものとは?

好きな絵で食べれないのはそれに市場価値がないからです。

市場価値はそれぞれの市場で、他人と比較されて相対的に決まるもの。

だからこそ、自分が好きだと思うことだけでは食べることができないのです。お金をいただくというのは必ず他者の視点が必要になります。

「この絵は他の人に買ってもらえるほどの価値があるだろうか」

自分の絵を買ってもらうには価値がなければ、買ってもらえません。

話は絵の話はここまでです。


好きなことだけで食べるにはその分野の技術や経験などのスキルが必要になります。

市場価値つまりで誰もが認めるスキルを持てないと、その道で稼ぐことはできません。自分が持つスキルを他人に明確に言い、自己満足ではなく価値があるものだと言ってもらえなければ市場価値がないことになります。

お金を稼ぐことと好きなこと。

お金を稼ぐことで生活を満たし、自分の好きなことで人生を豊かにしましょう。

もし、自分の好きなことが市場価値がなかったらどうすればよいのでしょうか。その時は分野を少しずらすか、別の分野で戦うことをすればいいのです。

別の分野を選んだときはその道でお金を稼ぎ、本当に自分が好きなことを収入が安定している状態でやりましょう。自分の好きなことをするのは誰にも止めることはできません。自分の好きなことをするのが本当の自由のはずです。

稼ぐことと好きなことが結果として重なればいいのですが、重ならなくてもどこかで自分の好きなことをするのが人間にとっての幸せになるのです。

最後に

今回は稼ぐことと好きなことというテーマで、書かせていただきました。好きなことで稼ぐことは本当に難しい。でも、自分の好きなことを人生の中に取り入れるのは人生にとってプラスに働くのは間違いありません。

自分の好きなことをしよう!!

“お金を稼ぐには市場価値が必要だが、自分の好きなことで人生が豊かになる。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です