<過去編>ネットワークビジネス①

何にでもお金はかかります。

息を吸うだけでお金はどんどん減っていく。

お金はあればあるほど良い。

やりたいことにはお金がかかる。

僕はそんな考えでビジネスでお金を稼ぐことを始めました。はじめて出会ったのがネットワークビジネスでした。

はじめに

やりたいことにはお金がかかる。だから、お金を稼いで人生を変える。

僕はそう思って、友人から誘いを受けたネットワークビジネスやネットビジネスを始めた。そんなに簡単じゃない。頭ではわかっていた。だからこそ、物やサービスを買うことにお金を惜しみはしませんでした。今日は僕の過去の振り返りを行おうと思います。

ネットワークビジネスとの出会いと入会

はじめてネットワークビジネスに出会ったのは高校の友人からの連絡でした。何かのサークルの集まりに来ないかと誘いで、当時行ったときは河川橋の下にあるバーベキューのお誘いでした。人数は70~80人くらいいたんじゃないかと思うぐらい(笑)

社会人のサークルでこんなに人数が集まるなんてすごいなと素直に思いました。でも、今考えれば、人数がだいぶおかしいですよね。

それから、少ししてからその友達から会わせたい人がいると紹介されたのが、某ネットワークビジネスのアップラインというのか、友達のビジネス上の親元のNくんだった。

その紹介と同時に、不労所得の話をされ、某ネットワークビジネス入会したのです。

このときの僕は知りませんでした。ビジネスと関わることの意味を僕は知りませんでした。だからこそ、僕はビジネスのカモにされたのです。

今日はここまで

続きは明日にします。

もう少し書いてもいいかもしれませんが、ゆっくり振り返りたいと思います。今は少しずつ、思考を変えていく時期。焦らず、自分がやりたいことは何なのかなと考えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です