自分の意見を発信すると人生が好転する。

自分の意見を言おう。
どうせ、誰かに否定も肯定もされるのだから。

自分の意見を言う。

これは言葉が話せるようになってから死ぬまでずっと人から求められるものだ。

しかし、自分の意見を言っても、その意見が通じない時がある。それは何かのコミュニティ内での発言だ。

家族、学校、職場、部活、何らかのコミュニティに入ってはいるが、そのコミュニティの上の者と話すと否定されることが圧倒的に多い。

出る杭は打たれる。目上の者が正しく、若いものはそれに従う。日本の風潮は特に大きいと感じる。

ただ、自分の意見というのは否定されても後に肯定されることもある。

逆もしかりだ。

今、思うことは自分にお金もなく、知識もなく、経験もなく、自信もない状態だったとしても、自分の意見を言ったほうが良い。

その意見を言わないことで大いに過去を悔やみ、人生の時が止まってしまうからだ。自分の意思が本気だと思われないと人生は好転しない。意見を言わないことは人によっては5年、10年、20年と過去の出来事を悔やみ続けてしまう結果になる。

意見言わないことまたはコミュニティの意見を肯定することで、15年後の未来は笑っていられるだろうかと自問したほうがいい。経験するから言うが鈍い痛みがずっと続き、人生が生きづらくなってしまう。それは非常につらいものだ。

そのためには、いつでもそのコミュニティを抜けても一人で生きられる。こういった状態を作ることが人生を自信を持って生きることができるコツだろう。

ここまで書いて思うことだが、偉人と言われる人や有名な人は大いに自分の意見を言ってきた。それはだれも知っている事実。

この全世界に自分の意見を言える時代、自分の意見を正直に言ってみよう。

自分の意見を言うことが、人生を切り開くことができる唯一にして最大の力なのだから。

これから、自分の意見をどんどん発信していこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です