人生の価値観を決める原体験とは?原体験を明確にすると人生が生きやすくなる。

はじめに

価値観が分かると人生が生きやすくなる。
価値観は人間関係、仕事、生き方にも良い影響を与えるのは誰もが人生で体験していることでしょう。でも、日々の仕事をしていて、「私の人生はこんなものなのか」と不意に考えてしまうことはありませんか。人生に迷わないための価値観とは何か、少し考えてみましょう。

〇目次
・はじめに
・自分にとっての価値観とは?
・価値観を決める、原体験とは?
・価値観が分かると人生が生きやすくなる。
・最後に

自分にとっての価値観とは?

価値観とは人生を歩くため指針。
「人を笑わせること」
「楽しいことに没頭すること」
「誰かのために尽くすこと」
「刺激的なことをする」

人の数だけ価値観がありますが、日常で考えることは少ないでしょう。人間関係、仕事、お金など人生の悩みは絶えずあるので、考えることは少ないかもしれません。

でも、以前、会社勤めしていた時に上司が「俺の人生ってなんだろう」と口にしていたことがあります。ある程度、お金があり家族もいて、仕事も順調なのにどこか満足できない。そんな印象でした。

自分よりも10歳以上の上司の言葉だったので驚いたと共に、価値観は勝手に決まるものではないとも感じました。では、自分の価値観をどうやって決まるのでしょうか。

価値観を決める、原体験とは?

価値観を決めるもの、それは過去のある一瞬を指します。
その出来事は人生で最も古く、そして忘れがたいもの”原体験”です。

子どものころ、クラスの人気者が「人を笑わすものが楽しい!」という価値観を持てば、芸人を志すでしょう。気の弱い子どもが「絵本って面白い!」という価値観を持てば、絵本作家を志すかもしれません。こうなりたいとポジティブに考える価値観の例です。

逆にネガティブな価値観もあります。
子どものころ、お金に苦労した子どもが「お金に苦労しない人生を送りたいと」思えば起業家になるかもしれません。高圧的な親の家庭環境で育った子どもが「人を思いやる優しい人間になりたい」と思えば、心理カウンセラーになるかもしれません。

過去の一瞬に感じたポジティブな感情やネガティブな感情を持った最も古い記憶”原体験”が価値観を決めるのです。それは最も古く、そして最も影響を受けた事柄であり、人それぞれまったく違います。

価値観が分かると人生が生きやすくなる。

価値観を導き出すと人生が生きやすくなり、人生が好転します。

ある話をしましょう。

子どもの頃に家族の信仰している宗教の教えがどうしても耐え切れず、大人になって家を出た青年がいました。青年は社会に出ても、いつも親の考えに背いていると感じ日常的に”親への罪悪感”を心のどこかで感じていました。

ただ、長年、青年は子ども頃に感じた原体験は何だろうかと考えてました。親の考えに背いたとき、親の考えを抜きにした「自分の価値観とは何だろうか」と。

それは誰かに従うのではなく、「自分に気持ちに従う」という価値観でした。

そこからの青年は気持ちが晴れ、生きることにポジティブになったとのことでした。


この話から分かるのは自分の大切な価値観を人に委ねたり、何となく人生を生きるのは後々に苦労するという教訓です。

最後に

誰かに従う人生は波風立てず楽かもしれません。
別に価値観がぼんやりしていても生きられるかもしれません。ただ、それは5年、10年、20年と「人生を停滞させる」可能性があるのも確かです。 だからこそ、人生の価値観を考える必要があるのです。

あなたの価値観を決める原体験とは何ですか?

「嫌われる勇気」アドラー心理学を自分なりにまとめてみた。

「嫌われる勇気」から読むアドラー心理学を学ぶと自信の持ち方が見えてくる。心理学の3大巨頭の一人、アルフレッド・アドラーの提唱した個人心理学を学んでみた。

目次
・はじめに
・トラウマを否定する
・他者の課題を切り捨てる
・共同体感覚とは?
・今、この瞬間を生きる
・最後に

はじめに

個人心理学あるいはポジティブ心理学と呼ばれる心理学は、よくある成功者たちの自己啓発本に登場する心理学で「自分を変えることができる」と提唱する心理学です。つまり、人は変われるんだ!と熱く語る心理学のことですね。そんなアドラー心理学をまとめてみました。

トラウマを否定する

まず、アドラーはトラウマを否定しています。過去に悲しく辛いことがあり、嘆き悲しみ何度も泣いた夜があろうとも、「不幸を選んでいるのはあなただ」言うのです。

どんな辛い過去があっても、自分が変わることができると信じる。自分の意志で人生を変えることができるのだと、アドラーは考えたのです。

「どうせ、私なんか・・・」
「私は親から愛されなかった」
「兄弟と比較されて」
「仕事がうまくいかない」
「恋人に手ひどく捨てられた」

どんな過去も自分を変えることで乗り越えられるのです。

他者の課題を切り捨てる

他者の感じたことなど、自分の考えることではないとアドラーは考えました。自分のアクションで人にどう思うかは他人の課題であって、自分が考えることではないのです。相手の気持ちを察し、円滑な人間関係を構築するのが悪いわけではないですが、それが過ぎると人生は制限させてしまう。

極論を言えば、他人に嫌われないと自由な人生なんて生きれないのです。空気を読んだり、集団の考えを尊重したりするのは大いに結構なこと。しかし、それはあくまでも自分がその考え方が良いと思っている場合に限ります。

あの考え方は違うなと思って、他人に気を使い何も言えなくなる人生は本当に楽しいものなのか。充実した人生になりえるのか。それを考える必要があります。

誰かの人生ではなく自分の人生を生きるためは、他人が思うことつまり「他者の課題」を自分のことと分けて考える必要があるのでしょう。

共同体感覚とは?

ここまでの話で自分を変えるために努力し、自分の考えで生きることができればいいのかと感じるかもしれませんがアドラーの考えた人間関係のゴールが共同体感覚です。

本の言葉を使うと「他者を仲間だとみなして、そこに”自分の居場所がある”と感じられる感覚が共同体感覚」です。人間は結局は人間関係の中で生きるもの。その中で自分の個性を生かして”調和”することが大切なのでしょう。

今、この瞬間を生きる

そして、アドラーは過去や未来ではなく、今この瞬間を生きる大切さを謳っています。刹那の連続が今だと。ダンスをするように生きろと。

そして、印象的な言葉があります。

それは「人生最大の嘘」

アドラーは言います。
人生最大の嘘は、「いま、この瞬間を生きないことだ」と。

今の連続が人生を作るのでしょう。それこそが人生かもしれません。

さいごに

アドラー心理学はどこまでも自分は大切にしながらも、他者の人間関係を良好にしましょう。そして、今を生きることを教えてくれます。今を生きれば自信もおのずとつくでしょう。いや、自信がつくと考えるまでもなく、人生が充実するはず。

気になった方は、実際に読んでみてください!

30代転職を成功させる条件とは?~「いつでも転職できる」を武器にする~を読んでみて。

はじめに

皆さんこんにちは。ゆのけいです。今回は「いつでも転職できる」を武器にする、という本を読んでみたので紹介させていただきます。最近は転職する人が多いですよね。自分の場合はフリーランスとはいえ、30代前半に人生を転機を迎えました。どうすればいいのか迷う人も多いのも確かだと思うので、少し考えてみました。

読んだ本は”「いつでも転職できる」を武器にする~市場価値に左右されない「自分軸」の作り方”という本です。この本は人事・戦略コンサルタントの松本利明さんが書かれた本になります。転職を迷っている方は少し読んでみてください。

目次
・はじめに
・転職が多い時代
・「自分軸」とは?強みではなく持ち味を生かそう!
・「市場価値」とは?自分の市場価値を上げる!
・「働く環境」とは?「会社・職種・業界」で考える!
・まとめ

この本を読んで感じたキーワードは「自分軸」「市場価値」「働く環境」です。この3つが大切だと感じました。では、順に説明していきます。

「自分軸」とは?強みではなく持ち味を生かそう!

よく自分の長所を生かそうと言われますが、松本さんは自分軸を「強み」ではなく「持ち味」を生かすことの大切さを言われています。普通は自分の強みで勝負しますよね。でも、ほかの会社に自分と似たような強みを持つ人もいるはず。

仕事をする中で強みで勝負すると、自分よりも更にレベルの高い「強み」がある人には敵いません。そこで、考えるのは「持ち味」です。

もっと具体的に言えば、自分の資質を生かすと言えます。例えば、自分の営業力に自信があったとしても、実は資料作りやプレゼン作りなどのコツコツした地道な作業が得意ということがあるかもしれません。

その「持ち味」を見つけるのは他人から言われる「ありがとう」と言われる事柄です。コツコツタイプの仕事なら他の人から「いつも丁寧な仕事で助かるよ」「資料作りが分かりやすいね」と言われることが多いはず。

「持ち味」とは自分がそこまで力を入れなくても周りから評価される資質なのです。「持ち味」を生かすことで、無理なく周りから評価されるようになります。

「市場価値」とは?自分の市場価値を上げる!

「市場価値」を語るには2点あります。

1.自分がどこで働けるか。

2.自分がどこに動けるかです。

まず、自分がどこで働けるか。「市場価値」は「ビジネスモデルの収益化」と「人材の需要と供給」で決まります。そのビジネスは儲かるものでも短期間しか儲けることができないということだったら収益化は少なくなってきます。また、その分野が縮小傾向にある業界ならば、人材の需要が減れば供給が多すぎることになりかねません。

そんなときは儲かる分野はどこか、そして好きな分野はどこかと考えるのです。現在はIT分野が急激に伸びていますよね。逆に大手以外の出版業界は業績が伸び悩んで状況があります。2つ目の「自分がどこに動けるか」を考えるのです。どこなら、業界的に儲かる上、自分の特性に合っているのか考えると良いでしょう。

つまり、世の中が求められていて、自分を生かせることに市場価値が生まれるのです!

「働く環境」とは?「会社・職種・業界」で考える!

次は「働く環境」です。これは自分がこの「会社」の中で職種を変えるか。それとも自分の「職種」をそのままに他の会社や業界に移るのか。または業界は同じにして、会社を変えたり職種を変えるのか。順に説明してきますね。

働く場所を「会社」に固定した場合、例えば、今まで営業職だったけれども、IT系の勉強をして社内のエンジニアに転向するのがあげられます。社内で活動できる部署を変えるのです。

続いて、「職種」を固定した場合です。自身が営業職だった場合、今まで医薬品業界にいたけれども、IT業界の営業職に変えるのがあげられますね。自分の職種で勝負するなら良い選択だと思います。

そして、最後は「業界」を固定した場合です。ここでは実例を挙げてみましょう。お笑い業界のキングコングの西野亮廣さんです。西野さんは自信をお笑いもといエンタメ業界で働いていますね。人を楽しませるためにお笑いタレントをし、絵本作家をし、そして、オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」を運営されています。

働く場所はどこで自分を生かせるものなのか、そして、好きを生かせるものなのかを考えたほうが良いでしょう。

まとめ

「自分軸」は競合が集まる「強み」ではなく自分にしかない「持ち味」を生かしましょう。人から求められることが自分の「持ち味」につながります。次の「市場価値」は必要とされる分野に自分の「持ち味」を重ねましょう。それが「市場価値」をあげる方法です。最後の「働く環境」は会社、職種、業界のどれかで自分を生かせる環境で働くのがいいでしょう。自分の生かせる環境と自分の好きなことを掛け合わせてみるのが大切です。

この記事が参考になったのなら、幸いです。

ゆのけい

自分の意見を発信すると人生が好転する。

自分の意見を言おう。
どうせ、誰かに否定も肯定もされるのだから。

自分の意見を言う。

これは言葉が話せるようになってから死ぬまでずっと人から求められるものだ。

しかし、自分の意見を言っても、その意見が通じない時がある。それは何かのコミュニティ内での発言だ。

家族、学校、職場、部活、何らかのコミュニティに入ってはいるが、そのコミュニティの上の者と話すと否定されることが圧倒的に多い。

出る杭は打たれる。目上の者が正しく、若いものはそれに従う。日本の風潮は特に大きいと感じる。

ただ、自分の意見というのは否定されても後に肯定されることもある。

逆もしかりだ。

今、思うことは自分にお金もなく、知識もなく、経験もなく、自信もない状態だったとしても、自分の意見を言ったほうが良い。

その意見を言わないことで大いに過去を悔やみ、人生の時が止まってしまうからだ。自分の意思が本気だと思われないと人生は好転しない。意見を言わないことは人によっては5年、10年、20年と過去の出来事を悔やみ続けてしまう結果になる。

意見言わないことまたはコミュニティの意見を肯定することで、15年後の未来は笑っていられるだろうかと自問したほうがいい。経験するから言うが鈍い痛みがずっと続き、人生が生きづらくなってしまう。それは非常につらいものだ。

そのためには、いつでもそのコミュニティを抜けても一人で生きられる。こういった状態を作ることが人生を自信を持って生きることができるコツだろう。

ここまで書いて思うことだが、偉人と言われる人や有名な人は大いに自分の意見を言ってきた。それはだれも知っている事実。

この全世界に自分の意見を言える時代、自分の意見を正直に言ってみよう。

自分の意見を言うことが、人生を切り開くことができる唯一にして最大の力なのだから。

これから、自分の意見をどんどん発信していこう!

自己紹介

皆さん、初めまして、”ゆのけい”こと、柚木啓佑(ゆのきけいすけ)です。

現在、動画編集のフリーランスとして活動しています。

僕はこのブログを通して、今までの自分の経験や日々、学んでいることを書いていきます。そして、誰もがネットを介して、自由に自分の意見を言える時代に楽しくしていきたいと思い、ブログを開設しました。

今の時代、パソコンやスマホが普及し、誰でもインターネットから情報を閲覧できる時代で、近い将来AIやロボットが社会に進出すると言われています。人ができる仕事は減り、新たな仕事が生まれることでしょう。

人の働き方や生き方が変わる激動の時代。

そんな時代にAIにできないで、人にしかできない仕事って何でしょうか?

それは「自分の考えを言う」です。

処理能力では人はAIに勝てませんが、創造的な仕事は人にしかできません。

このブログでは、どんな仕事ができるのか、これからの生き方を自分なりに考えて、発信していきます。特に動画編集や会社員時代の農業関係業界、個人に興味がある心理学・哲学、これからの生き方についてです。

そして、自分がこの激動の時代をどう生きるかを体現していきます!

よろしくお願いします。

ゆのけい