テレワークは一般化しつつあるが、人によっては働き方が長時間労働に変わると思う。

皆さん、おはようございます。柚木啓佑です。本日も思考のアウトプットをしていきます。本日はテレワークに関する記事をNewsPicksで見つけたのでそれについて個人的視点で書いていこうと思います。

本日のNewsPicksの記事

テレワークしている人、していない人 時間の価値にどのような違い?
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2006/16/news124.html

そもそもテレワークとは?

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

引用元:一般社団法人テレワーク協会 https://japan-telework.or.jp/tw_about-2/

コロナショックによって、かなり一般的な言葉になりましたよね。

テレワークは時間に縛られる?

NewsPicksの記事ではテレワークに関するアンケート調査について書かれています。記事の内容としては、テレワークをすること人は、テレワークしていない人に比べ、10%ほど「時間に追われている」と回答しています。

僕もこれには激しく同意します。なぜならば、会社と自宅では仕事とプライベートのONとOFFを明確に分けられますが、自宅が仕事の場合は常に仕事とプライベートのONとOFFの境界線が明確ではなくなるからです。テレワークは場所や時間に縛られないと言いつつも、ネットが繋がれさえすればどこでも”仕事場”になります。仕事場が常に目の前にあるなら時間に追われる気持ちになるでしょう。

テレワークは仕事に慣れている人、スキルが高い人がやるべき。

僕は会社員時に副業であった動画編集の仕事を会社を辞めてテレワークにしましたが、その仕事が慣れていない状態、かつスキルが低いまま仕事を始めたので長時間労働が常態化しました。

まず、フリーランスになりたい方はクライアントワークという成果物の納品するという働き方に慣れたほうが良いと思います。僕の場合は動画編集の仕事をチームで行いました。

動画制作の統括する人、動画のシナリオを作る、動画の録音する声優さん、動画の編集をする人などある程度役割が決まっており、ほとんどがチャットツールでのやり取りになります。

そうして、チームで作った制作物を納品するのです。それぞれがシナリオ制作費や音声録音費、動画編集費といった感じで制作物ごとに価格が設定されており、納品の対価としてお金をいただくという形になります。

しかし、大半の方は会社の業務でパソコンだけで片付く業務を、一部テレワークにしていると感じています。僕自身は会社員時代、営業先に赴く以外の時間は会社の事務所や移動中の車、出張先のホテルの部屋でパソコンを開いて仕事をしていました。

今のご時世、自分のデスクがある人がパソコンなしでする仕事はあまりないと思います。それに通勤時間が減ったり、無駄な会話をする必要がなくなるなどメリットがあるでしょう。

テレワークは仕事に慣れていたり、スキルが高い経験豊富な人にはかなり良い働き方になると思います。

経験が浅い方にとってはテレワークは長時間労働になる可能性がある。

しかし、テレワークは経験値が浅いと難しい側面があります。

まず、自宅だと仕事とプライベートの境があいまいになります。ちょっと休憩がだいぶ休憩になったり、人によってはアマゾンプライムを見るかもしれません(笑)

それは冗談としても、自分の作る報告書やスケジュールの立て方が本当に正しいのかと不安になります。実際に何度も会社の事務所の上司から赤ペンをもらったことがあります。経験値が浅い状態でテレワークになると、まず、メールや電話での質問が増えやすいと思います。

加えて、上司と部下など立場に明確な差があればあるほど、テレワークは長時間労働になりやすいと思います。時間帯を気にせずメールやチャットを一通出すだけで指示が終わるからです。

断りづらい状況ならば、手当てもつかない残業になるでしょう。僕のいた会社は少なくとも残業が2時間は常態化する職場でした。もし、残業をしなければ、仕事が遅いと、連絡が遅いと言われていたことは間違いないでしょう。

テレワークは今後第三者に監視できる体制にする。

僕はこれからの時代はテレワークを社会で推し進める上で、第三者に監視できる体制にした方が良いと考えています。なぜならば、もしも、残業が常態化している会社であるならば、リモートワークになり、場所が事務所から自宅に変わっただけで残業時間が伸びることが経験上考えられからです。

テレワークが時代の流れで止められないとは思いますが、メリットの反面デメリットも多く存在します。ひとりひとりがこれからの時代を考えるべきではないかと思います。

最後に

今回はテレワークを上げてみましたが、いかかだったでしょうか。僕自身は今はテレワークから離れていますが、多くの人がこれから関わる働き方だと思います。

僕自身も情報にアンテナを張りつつ、自分のキャリアに関して考えていきたいと思います。次回の記事でお会いしましょう!