コロナ渦で考える今後のビジネスモデルについて考えてみました。

おはようございます。最近、メルカリにハマり中の柚木啓佑です。

さて、本日の記事ですが、僕が良く読んでいるニュースアプリのnewspicksで読んだ記事を深堀したいと思います。

この記事です。

引用元:コロナ渦の世界貿易を考える5ポイント【さくっとチェック】https://newspicks.com/news/4984244/body/?ref=user_2426750

記事の概要と日本国内の2月末の状況

ニュース記事のタイトルは「コロナ渦の世界貿易を考える5ポイント【さくっとチェック】」とあります。

この中では強いサプライチェーン(製造~消費までの一連の流れ)を持つ会社が業績を伸ばしていると、様々な視点で書いてあります。

例えば、2018年の世界の服の30%ほどを生産した中国は多くの企業が原料を依存や工場を現地に出していますよね。でも、今回のコロナで世界レベルの強制的な”鎖国”が起こりました。これ以上に感染するのはまずいと空港を止めたのですから。

今のコロナ渦の状況では海を渡った外国や複数の国を跨がなければ原料が調達できない企業は経営が一気に傾いたと思います。

引用元:【速報】令和2年2月景気動向調査・付帯調査「新型コロナウイルスに係る緊急調査」結果

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/keizaieikyou/03/shiryo_03.pdf

特に大きい影響があるのはサービス業(旅館)・小売業(食料品)、建設業・製造業(食品)の順で影響が大きいようです。

どこに影響を受けたのか。

特に今回は移動が強制的にできなくなってしまったので、上記の業種が影響を受けるのは無理もありません。

移動が制限されたので国同士の行き来ができなくなり、観光客はもちろん輸入が止まりました。国の外にある人や原料などの資源に依存していたビジネスは業績悪化は免れなかったと思います。

そこから考えると、国内でビジネスに必要な資源がある会社が強いと感じました。

サプライチェーンでいう最初の原材料です。サービス業で言えば、人(人的資源)であり、製造業でいえば原材料(物的資源)です。そこを外部に依存している業種は今回のコロナのような緊急事態には対応が難しくなるのだと感じます。

望ましい経営の2つの要因

僕も偉そうなことは言えませんがいくつか考えました。

①国内から調達できる原材料の割合をなるべく多くする。
・今回は国同士の行き来ができなくなったために影響が大きかったので、海外に依存する割合を少なくすることで、次に国同士が行き来できなくなったとしても影響が少なくなると思います。あるいは製造業(食品)などは自社で農産物を供給できる農場などを持つのも一つの考えだと思いました。

②インターネットの活用
・移動が制限されたとしても、今ではなく将来利用できるサービス券を販売したり、インターネットで完結するビジネスモデルにする。

将来利用できる販売券は今使えるか、未来に使うかの違いです。現状でもホテル・旅館業でも使われていると聞きます。

また、特定の場所で開かれていたものをパソコンやテレビの画面越しで見る。あるいは何かしらの体験をするなどがこれにあたります。キャバ嬢が店に行けないけど、インターネットで人を集めて稼いでいるのはこの例になるでしょう。

まとめ

今回のコロナのキーワードは「物理的移動をやめる」だと思います。

国を跨ぐような物理的な資源の長距離移動をやめる。海外に依存しないビジネスモデルにすることや依存が少なくて済むビジネスにする。

あるいはインターネットで完結するビジネスモデルで何かしらの体験をするビジネスを構築することは大切だと思います。

僕もとりあえず、メルカリの物販から始めることにしたいと思います。では次の記事でお会いしましょう!

コロナショックで4月の残業が減少を受け、副業、兼業、起業などの自分のライフスタイルを考えてみた。

皆さん、おはようございます。

今日もいい天気の中、元気にウォーキングを小一時間してきました。頭もスッキリしてきたところで、今日のアウトプットです。

コロナショックで4月残業代が飲食サービス業で46.1%減り、4,113円、製造業では20.4%減の2万6578円

今朝みたニュースの引用元です。

https://this.kiji.is/642884895872631905?c=113147194022725109

この記事では厚生労働省が発表しているデータでは、4月の飲食サービス業で46.1%減り、4,113円、製造業では20.4%減の2万6578円だったとのこと。

やはり、飲食サービス業、製造業ともにコロナショックの影響で企業の収益が下がっているため、人件費を減らさざるを得なかったり、単純にあまり人がお店に来なかったりするのでしょうね。

残業代で日々の生活を維持していた人にとっては大打撃です。しかし、今回のコロナによる変化は仕事の関わり方を変えるチャンスではないでしょうか。

人には体力の限界がある。

残業をするということは多くの会社員にとって意味するのは週で9時間拘束、約8時間労働×5日つまり週40時間以上に働くことです。僕も農業生産法人の時に残業ではありませんが休日出勤をして働いたことはあります。お金は働いた分だけ増えました。でも、ほかの平日の時間の仕事が疲れて辛く、効率が悪くなりました。

お金を増やすというときに残業、特に体を使う仕事の場合、あまりおすすめはしないやり方だと思います。自分が体を壊したら、収入が止まってしまいます。働き過ぎで健康という自分にとっての最も大切な資産を失うことになります。

残業ができない時間で副業、兼業、起業準備などをする

僕は残業ができない今の時間を使って、副業、兼業、起業準備をするべきだと思います。

在宅している時間でお金を稼ぐ方法を見つけるのです。

僕も会社員時代は副業で動画編集の仕事をしていました。本業で11時間で副業で3~4時間といったところでしょうか。毎日、15~16時間ほど働いていました。その後、動画編集の専業をすることになりますが、うまく軌道に乗せれられずに今は派遣社員をしています。

でも、当時、本業で30数万+副業で7万ほどだったので、40万ほど稼いでいたので意外といけるものだと感じています。本業+副業は安定しているので、今の世の中の流れで一番現実路線化もしれません。

僕自身は本業+副業→起業失敗してしまったので偉そうに言えませんが、自分や家族のために無理ない程度に働く時間を増やすのは決して悪いことではないと思います。

今、僕自身も働き方を考え中

僕自身は今、33歳ですが、会社員やフリーランスを経験した上で派遣社員をしています。自分の場合は自衛隊3年→農業業界が6年半→動画編集フリーランス5か月→派遣社員という特殊といえば特殊なキャリアなので、次の一手を考え中です。

在宅で言えばWEBライティング、プログラミング、せどり、各種金融商品への投資などなど、本当に稼ぐ手段は多いものです。

でも、僕の経験上で一つ言えるのは稼ぐことは目的ではなく方法ということです。僕はお金や物があれば、お金を稼げるスキルが手に入るんだと起業も合わせれば今まで300万~400万くらいは使ったと思います。でも、自分の求める働き方も含めたライフスタイルはすぐに現実にしたほうが良いと良いと感じています。

僕の場合は始まりは趣味の合気道をやりながら、農業をやるという武農一如に近いものでした。でも、お金を求め過ぎたせいで合気道をやらず、農業をやらなくなってしまったのです。

今なら言えます。お金を稼ぐよりも先に自分にとっての幸せを日々の生活に取り入れることだと。僕の場合はそれは合気道だと感じていますが、人によってはそれは全く違います。

自分の幸せだと思う時間を生活に取り入れる

今なら言えます。

お金を稼ぐよりも先に自分にとっての幸せを日々の生活に取り入れることだと。僕の場合はそれは合気道だと感じていますが、人によってはそれは全く違います。

お金を稼がなきゃ何もできないではなく、今ある生活に幸せを感じながらもう少しだけ生活を良くしてみようかなと思うのです。

つまりこれです!

幸せ > お金や物

自分の幸せを感じるということは別の言い方をすれば、自分にとって不要な価値観や幸せを捨てるとも言えます。

手順としては

1、目的を決める。(例、楽しい時間を生活に取り入れる)

2、戦略(例、合気道や農業できる時間を作る)

3、戦術(例、日々、合気道や農業しながらという前提で、自分に合った副業等の稼ぎ方の実践)

このとき、戦略の中で自分の好きな時間をとることができないとなれば、場合によっては仕事や環境、人間関係を変える必要があります。自分の求める生活のために自分が幸せと思うこと以外を捨てるのです。

最後に

本日もニュースから働き方、幸せ論まで話が飛躍してしまいました(笑)でも、アウトプットすることで、自分の意見がかなり明確になりますね。まずは自分で稼ぐための準備をします。

自分で副業や兼業、別の仕事を始めたら少しずつアウトプットしていけたらと思います。

では、次回お会いしましょう!