野村克也さんの記事を見て思う、結果よりもプロセスが大切だと思うことについて。

皆さん、おはようございます。本日もブログを書いていきます柚木啓佑です。

本日の気になったNewsPicksの記事はこちらです。

野村克也氏が気づいた「成長が止まる人・成長し続ける人」の違いhttps://gendai.ismedia.jp/articles/-/73099

今年の2月に亡くなられた元野球監督、野球解説者の野村克也さんが執筆した「上達の技法」の中身を紹介した記事です。その中でも結果よりもプロセスに焦点を当てた記事になっています。

結果至上主義の現代

僕自身も会社に2社属してきたが、どちらも結果を求められた。会社では自分の仕事が経費に見合わない結果だったなら、仕事の出張も「旅に行くわけじゃないんだから」と上司に小言を言われたこともある。あるいは「先週はもっと作業が速かったのに今日は遅い!」と効率的な作業という結果を求められた。

営業職時代は上司から押し付けられた仕事や自分の仕事の作業分配が難しく、上司から仕事を遅めにすると「まだ、終わっていないのか」と上司の仕事は早くやるという結果を求められる。仕事で農産物の比較試験をしている時も、自社の製品を使用圃場の方が収量が良いなどの結果を求められた。加えて、毎回の報告書の提出だ。

会社組織に属する以上、経費や人件費がかかるのでそれに見合う結果を求めるのは当然だ。

結果よりプロセスを重視するという考え方

しかしながら、記事では野村氏は自身が不器用であると自覚していたために結果はすぐに出ないが努力を大切にするようになったと書かれている。

これは僕の考えだが短期的に結果を出すことは難しいし、結果を出さなければダメだという状況は肉体的、精神的、経済的に厳しいと思う。上司の考えで言えば、早く仕事を終わらせたり、営業成績を上げることは社長からの命令だから仕方がないと結果を求める。

ただ、部下に「なぜ、結果が出ない」と辛辣な言葉を浴びせてもやる気や自信が低下するだけだと思う。最近の若い者は根性が足りないといわれることが、若い者から言わせるとうさぎ跳びしてイチロー選手になれるんですか、結果を出せるイメージが湧かないのですけど、と問いたい。

結果は大切だが、なぜそのような結果になったのか、途中のプロセスを考えないと結果が出しずらい状況や仕事量だった場合、結果を出すのが遅くなるのは当たり前だと思う。

「どうして、このレベルの納品をするんですか。仕事なめているんですか。」

「これを調べて意味があるのか。現場が納得するのか。」

「まだ、あの仕事終わっていないのか。」

というよりも

「どうして、このような結果になったのか理由を言ってください。」

「これを調べた理由を教えてください。」

「何に優先度を高く設定しているのか」

このような言葉をかけて、円滑に仕事を進めることのほうが建設的だと思うし、何より、誰かと考えながら仕事をするので結果を出しやすい方向にもっていきやすいと思う。そして、根性論で疲弊する仕事のやり方にはならないと感じる。

結果至上主義の人の考え方

ここで結果ばかり求め、批判や叱責をするのはなぜかと考えてみました。

まず、部下や発注先を自分よりも下に見ている。その人を教育する時間を省き怒ることでその人を追い詰め、仕事をさせる状況を作っている。

もし、仕事がダメならその仕事を出ていくのだから仕方がないと、自分と同じレベルの仕事の質を経験が浅い者に求める。実際、僕はこの結果至上主義の考え方の人についていけず、仕事をやめたことが2回ほどある。

そして、やめることになったとき、自分が悪くないと思っている。やめるのは根性なし、あるいは仕方がないと思っている。

実際、やめるときに、「もう少し仕事をしてくれないか」と言わない上、「次、頑張れよ」と切り替えが早すぎる。

また、フリーランスをやめる際は自分が悪いと言わずに、お前に根性がないとそういう教育だったのだから仕方がないと、自分の非を全く認めない。しかも、やめると言ったときは食事に誘い、NOと言いづらい状況の中で今までとあまり変わらない納品価格にしてほしいと言う。

この2パターンのやめるときに言えるのは、楽して結果を出したいと思っていることだ。世の中によくいるタイプだと思うが、自分だけ楽して他者をこき使おうと思っている人や会社からは人は自然と離れると思う。

これからの時代はプロセスを重要視するべし

人であれ、お金であれ、物であれ短期的に結果を求めれば、人もお金も物も自然と離れてしまう。

逆に人、お金、物を大切に考え、長期的な努力を惜しまなければ、人もお金も物も自然と集まってくるのではないかと思う。プロセスを意識するというのは仕事を通じて、その人を理解することだと感じる。人を理解することは、その人の仕事への目的意識が明確になり、のちに大きな利益を生み出すのではないか強く思います。

最後に

本日も自分なりに書きましたが、抽象的だったり、目線が高かったかもしれません。

しかしながら、思考の整理は少しずつできてきたと思います。また、次の記事でお会いしましょう!

本田翼さんを見て感じる好きなことを追求することが大切だと思うこと。

皆さん、おはようございます。柚木啓佑です。

本日も頭の体操をしたいと思います。Newspicksの記事で俳優の本田翼さんのゲーム制作の記事が挙げられていたので、好きなことを追求することについて考えてみたいと思います。

元記事

本田翼さん、マイクロソフトとゲームを制作していると明かす。YouTubeに活動拡げ、“夢”を形に


https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ee5a08cc5b62e90fb3cf047

俳優&ゲーマー&ゲーム制作者の本田翼さん

よく知らなかったのですが、本田翼さんは俳優業だけでなくYouTubeチャンネルでゲーム配信動画をアップしているゲーマーのようです。

まだまだ動画数は少ないですが、これから動画をアップしていくのですかね。
https://www.youtube.com/channel/UC8pMBOI9vXf6fIM670vdIPw/videos

そんな本田翼さんがゲーマだけでなく、マイクロソフトとゲーム制作をしているんだとか。俳優として活躍してるだけでもすごいと感じるのに、さらにゲーマー&ゲーム制作者とは、、、。

現役俳優でゲーム制作までする人はなかなかいませんよね。

好きを追求する「個の時代」

ここから思うのは、彼女は自分らしく生きていると思うのです。

俳優でありながら、ゲームもやりたい。

ゲームをすること自体はハードとソフトがあれば誰でもできることです。でも、プロの俳優でありながら、ゲーム制作もする「ゲームのプロ」になろうとしているのがすごいと思う。

本田翼=俳優×ゲーム

自分が好きだと思うことを夢中になっている彼女を人は応援したくなるのかもしれません。だからこそ、ゲーム制作の話が彼女の元へ来たのでしょう。

それでは自分はどうだろうか考えてみる

僕自身の経験値としては、長い順に

合気道11年、農業6年半、YouTube関係4年半(副業・専業)、陸上自衛官3年といった感じだ。多くは体を動かすことを多くやってきて、最近はデスクワークを少しずつ増やして今は、思考を整えているところだ。

合気道は出会って16年、経験としては高3の冬から社会6年の11年ほどは細々と続けてきたので、養神館合気道の2段を取得している。

農業は親の影響もあり、農業大学校を2年、農業生産法人2年、農業肥料メーカー2年半働いた。

大学卒業するころ、合気道の開祖である植芝盛平先生が提唱した「武農一如」という生き方に憧れた。のんびり、合気道やりながら、農業やりたいなと思ったことがあった。だからこそ、合気道も続けながら農業関係に携わってきた。

お金という現実の壁にぶち当たる。それを解決するためにビジネスについて考えるようになった。でも、そのビジネスを軌道に乗らせようと考えて、動画編集の専業として頑張ってみたが、失敗してお金を大きく減らしてしまい、今、派遣社員をしている。

これからの自分の好きという道を考える

今はIT系が伸びているという時代の流れはある。だからこそ、動画編集の専業をした5か月、1日12時間~15、6時間はパソコンに向き合った。自由な時間やお金を求め、パソコンに向き合い続けたがお金も体力も気力もすべてなくなってしまった。

でも、動画編集をやめたとき、こんなに苦しい思いをしてまで仕事をしたくないと心底思った。嫌な仕事でお金をもらうよりも、好きなことをしてお金を払いたいとも思った。

僕が一番経験が長い合気道は自信がなくても、結果がすぐ出なくても許されたからだ。そんなに運動神経は良い方ではないけど、少しずつ体力が上がり、技の精度が上がり、新しい技を覚えるのは楽しかった。自分の身体能力がどこまで上がるのか、どこまで技の深みを体現できるのか、ゲームをするよりもリアルに自分のレベルを上げるのが本当に面白かった。

合気道をしたいと感じる今、この瞬間

社会人になったから趣味は辞める。お金、時間、場所、生き方など、合理的と思う事柄を上げて一番したいことをするために働く生き方をした。

でも、いま心の底から思うのは、ただ、「合気道で強くなりたい。」それ以外、どうでもいいとさえ思う。自分の人生で今、最も好きなことをする時間を増やそうとすることは自分に素直になることなのだと感じる。

今、計画性もなく将来性もなく好きの時間を増やす生き方が馬鹿な大人だというなら、僕は大馬鹿な生き方でいい。

なぜならば、人に言われてやめることなら最初からやらないほうがいいのだから。世の中すべての人から馬鹿にされてもいいから、自分の好きを追求したいと思う。それがこの僕、柚木啓佑なのだから。

最後に

今日は自分の気持ちをこれでもかと思うぐらい、吐き出してしまいました(笑)

おかげでスッキリしました!このあとから本業頑張ります!

柚木啓佑